FC2ブログ

アイドル タレント 俳優 芸能人になるには!

アイドル タレント 俳優 「芸能人」になる!!と決めたら一読の価値あり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

芸能人になれるんだろうか!?⑦

みなさんこんにちわneoproです


現在neoprosでは、
「知り合いのお子様を何とか芸能人にする為に悪戦苦闘しております」

少しずつ状況を報告いたします。
(多分表現が悪い部分もあるかと思いますがそこは目をつぶってください)


今回は芸能人になる為の勉強編です。


やっぱり、若い子。

今日は気持ちが乗っているな!と思えば、
次の日は、「もう駄目!たぶん無理!」とか言っている。
どこにでもいそうな、近頃の子、凜さんです。


皆様も一緒の部分もあるでしょうかね?

オーディションに落ちれば、
それは凹みますよね!

でも、本当になりたい自分を、しっかり見据えていれば、
次のオーディションではこうしよう、あ~しようと!

また新しい動機付けができるものとneoprosは思っております。




実際、私の愛弟子の凜ちゃんも、
自分で、自分を磨きつつ、しっかり努力はしているものの、
オーディションでは惨敗続きです。

意地悪な質問、変な審査内容。


少し、心も折れ始めたかなと、
それでも!私は!!負けない!って思いが重要ですがね・・・


昨今あまりに、不調が続いておりましたので、

少し勉強をさせる意味で、
様々な芸能事務所やレッスン、ちょっとした業界人とお茶を飲んだり、
少し背伸びをさせて、色々見学に連れて行きました。



芸能事務所とは言え、事務所自体は、
他の業種の会社と変わりませんけどね。
扱う商品が、モノなのか、芸能人なのかの違いで、
みんなスーツで、電話や伝票処理、会議に追われています。

ちょっと面白いの、小さい芸能事務所の場合、
何か田舎の観光案内所みたいな感じで、お茶が出てきて、

「なに!neopros事務所に戻ったのかい?この子は新人さんかい?」
ってね。

何か懐かしい気持ちになりましたよ!



また、レッスンの見学では、

TVで見たことのある、若いタレントさんが、
演出家や、脚本家にボコボコに言われている様子を見て、
少しショックを受けていた様でした。

さらに演出家の計らいで、
「おいそこの見学者、少し練習してみるか」と・・・

ま~緊張しながらも、一生懸命何か台詞を読んでいましたが、

鼻で笑われたようです。



まだまだ勉強が必要ですな。



最後に、
私の友人と言うか、このneoprosブログを前からご覧になって頂いている方は
ご存知かと思いますが、昔にneoprosが芸能界への道を開いたある方です!

これは鼻を高くして言えますね(笑)


今は、楽曲の編集で生計を立てている、言ってみれば、作曲家かつアレンジャーって
やつですね。

年齢で言えば、私の先輩になりますが、
ま~かなり気さくな方で・・・
今では、こだわりのミュージシャンから、アイドル、またはゲーム等の楽曲を作成しております。

見た目は、普通のお兄さん的おやじですかね。

昔はお互い若かったね~って話をしつつ、凜ちゃんも挨拶。



今日の最後のスケジュールと言うこともあり、
3人でロイヤルホストでハンバーグを貪り食い、
その後は、こ洒落たサロンでメロンを食べながら、今後の凜ちゃんについて、
「どうすっぺかね~」って、将来のある凜ちゃんについて談義です。

あ~したら、こ~したらって。


まだ時間も早いと言うこともあり、
結局3人で、カラオケへ。


やっぱ野郎稼いでるな~って感じです。

ギポッロンの、高級カラオケへ移動です。


彼は元々ミュージシャンですから、
歌は上手いですよ!

夏になると、急にレゲエの血が滾るらしいです。

そんな話はどうでもよいとして、



でも凜ちゃんはね・・・
か細い声で、もじもじ。

最近の子ってそんな感じなのでしょうかね。




1時間位、
雑談をしつつ、3人の歌が2順した位でしょうかね。

そのミュージシャンさんが、
ぱっと、中島みかさんの「STARS」、美空ひばりさんの「愛燦燦」を入れました。

「なに、そんな歌、歌えんの?」
ミュージシャンに対して失礼かもしれませんが、そんな事を言ってしまいました。

違うよ、
「凜さんに歌って欲しいんだよ!」って。


何だ?!
今まで歌声聞いてたべ?それか、こいつはロリコンか?と思いつつ。




「やっぱりあの星は~」



むむ?
上手いよ凜ちゃん!!

何か低音めっちゃいいよ!
声量の抑揚も効いているし、

急にどうした?



私が、お手洗いに行っている間に、
色々歌のアドバイスをもらっていたようです。


また、彼女(凜ちゃん)曰く、
学校の友達はみんな、か細い声で、高音で歌うの。
だから、自然と自分もそうなってしうと。

怖いね集団って・・・


でも、それに気がつく奴もすごいね。


「一応プロですから」って。笑わせてくれますね。


いや~しかし今日は本当によい収穫がありました。


たぶん、彼女は自分を表現することが苦手と言うか、
その術をまだ知らないのでしょうね。

これは私自身も彼女の魅力を引き出すために精進が必要そうです。


また、凜ちゃんも今日一日疲れたでしょうけれども、
とてもよい勉強になったと思います。



はい。
今日はここまでです。

話があっちにいったり、こっちにいったりしてますよね。
すみません。

何となく話が伝われば幸いです。

次回に続きます。

[neopros]

アイドルになって、TVに出てみたい!

オーディション応募はこちら
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。