FC2ブログ

アイドル タレント 俳優 芸能人になるには!

アイドル タレント 俳優 「芸能人」になる!!と決めたら一読の価値あり

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

芸能人になる方法 つづき

みなさんこんにちわneoproです


今回も実戦編になります。

一般的に、アイドル タレント 俳優等の芸能人になる方法として、
下記方法をコメントさせて頂きました。

①芸能事務所に入るためのオーディションを受ける
②コンテストに応募する
③芸能プロダクション養成所に入る
④劇団に入る
⑤スカウトを待つ
⑥師匠を見つけ従事する
⑦個人でプロデューサー等に自分を売り込む
⑧個人で一般大衆にアピールする


前回に続いて、早速④から説明をさせて頂きます。

④劇団に入る
これは、劇団により、入団の難易度が異なりますが、
とにかくその劇団が売れている劇団で、あなたがそのトップスターになることが必要です。
劇団での功績を持って、アイドル タレント 俳優になる訳で、
かなり時間が掛かります。
どちらかと言うと、俳優向けのプロセスになります。

⑤スカウトを待つ
私もたくさん挑戦しました。
原宿の竹下通りを何度も往復しました。週末は用事も無いのに片道約2時間を掛けて、とりあえず渋谷原宿を練り歩きました。
今輝くスター達の中でも、
スカウトを契機に芸能人となった人も多くいますが、
世の中そんなに甘くない↓

確かに芸能事務所のスカウトは原宿、渋谷にはポツポツいて、あなたのことを見ておりますが
中々、本当のスカウトには声を掛けてもらえないのが実状と思います。
(いつの間にか私も、原宿、渋谷へは明日のスターを探しに行く様になっておりましたが)

少し込み入った話になりますが、私がスカウトしてきた基準は、
「なんだあのコ?」

これです。


原宿、渋谷はオシャレのメッカですから、かわいいコ、格好いいコとはたくさんすれ違います。
その中で、「ん~?何だあの顔?すんごい印象に残るなアイツ!」
を基準にスカウトします。
そんな基準では、半日原宿にいても声を掛けたいなと思うのは、基本的にゼロ。
一週間に1~2回。ん~2回もないかもしれません。その程度です。

そんなスカウトに掛けて毎週末、原宿、渋谷に出かけても私にとっては時間とお金の無駄でした・・・
もっと自分を磨いている事に時間をかければよかったも知れませんね。
でも、あなたなら素敵なスカウトとの出会いがあるかもしれませんが・・・

ひとつ注意をさせて頂きますと、
スカウトだとか近づいてきて、

場所を移して話がしたい
場所を移して写真が取りたい
あなたの連絡先が聞きたい


等はまずNGです。色んなスカウトが都会にはおります。
絶対ついていっては駄目ですよ。いかがわしい事間違いなし。

あなたが求める芸能人になるためのスカウトは、

担当者の名刺を渡す
弊社のURLを見てください
興味がございましたら、こちらに連絡ください

以上。

それ位です。
本当は、あなたの電話番号を聞きたいのですが、
変なスカウトと差別化をするため、だいたい聞かないですね。
アイドル タレント 俳優になるあなた。本当に見極めは大切です。


⑥師匠を見つけ従事する
文化系の芸能人に多いかもしれません。
この方法は2択です。紹介で師匠に従事する。若しくは、直接師匠の門戸を叩く。
実際問題、紹介で有名人の師匠に従事できる方は殆どいないと思います。
ですが、師匠の住所を調べて、門戸を叩いても門前払いをされる事が殆どでしょう。

⑦個人でプロデューサー等に自分を売り込む
これはミュージシャン系が多いかもしれません。
「私こんなにすごいんです。」「私こんな楽曲作ってます」
直接プロデューサーに売り込みます。
テレビ局の出待ちでアピールする等、方法はあるかもしれませんが、
まず、警備員に取り押さえられます。


⑧個人で一般大衆にアピールする
テレビ、ラジオ、雑誌等で人気になる前に、youtube等のweb手段、または大道芸等で、
人気になってしまう方法です。
一般大衆で既に人気があれば、マスコミは黙っておりません。
すぐあなたの獲得に乗り出すでしょう。

少し大きい文字でも有名になるためには、なかなかハードルが高いですよ。


ここまで、色々書かせていただきましたが、
アイドル タレント 俳優になるための方法は多種多様ございます。
この他にもあるかと思います。

自分とあっている方法。また、自分が目指す方法を検討し、
たくさん試行錯誤を行ってください。


[neopros]

無料オーディションで才能発掘!

オーディション応募はこちら


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。